時間制導入で回転率をあげる。

時間制導入で回転率をあげる。

長引く日本経済の景気の悪さに加えてデフレ型経済になって来ましたので消費者の財布の紐は固くなっています。

 

このような時期にはあらゆるものが値下げ競争になって来ますので、その分はカズを多く売らなくては赤字になってしまいます。

 

景気が良かった時代には宝飾品でも衣料品でも高いものが飛ぶように売れたものでした。

 

飲食店でも銀座や赤様などの企業の接待向きの高額な飲食店がもてはやされていました。

 

 

 

しかし、不況が長引いてきましたので高級店は殆どが成り立たなくなってきましたので、B級グルメやご当地グルメなどに人気が集まって安いものを中心の時代になっています。

 

牛丼やハンバーガーなどでも値下げ競争をしても集客数の確保に一生懸命です。

 

衣料品でもイメージを良くして安く売るショップが大きく成長しています。

 

http://kawasaki-tsubakiya.com/

 

飲食店ではランチタイムに集中して安くしても客数を伸ばそうとして回転数を上げることに必死になります。

 

夜の飲食店でも繁華街などでは安い単価で回転率を上がるために時間制を導入して、初めの90分で食べ終わらないと30分単位で超過料金を付けて回転率を上げる店もあります。

 

また、ドリンク飲み放題メニューを打ち出して90分以内までは飲み放題ですが時間超過し他時点からは超過料金になる仕組みを導入しています。

 

新宿で人気!居酒屋Garden〜ガーデン〜新宿東口駅前店

 

一方では高級感を打ち出して少しだけは高めの料金ですが時間制やオーバータイム料金などは一切とらないでゆっくりとおもいっきり飲ませる店もあります。

 

結果的には少しの予算アップだけで、その様な姿勢の店のほうがお客さまとしては気持ちよく過ごせているようです。