飲食店の経営指導者

飲食店の経営指導者

景気状態が上下する中では飲食店の経営も成績が上下しますので損益バランスのコントロールが難しく資金繰りに窮することがあります。

 

大手の外食産業などを除いての一般の飲食店の経営者は長い間にわたって調理人として頑張ってきて夢がかなって独立した方も多いですし、他の事業で成功した方が自分の趣味として調理師やマネージャーを雇用して経営している場合もあります。

 

上記のどちらの経営者の場合も飲食業の経営のプロとして料理の魅力づくりから本当に喜ばれるサービス教育、集客のためのメディアの使い方から販促計画、顧客管理、数値からのトータルな経営指導が出来る方はほとんどおりません。

 

 

 

数値においても税理士などは税務上の方法や帳簿管理などについてはプロですが、成績数値から飲食業にとって重要な活きた指導は出来ません。

 

飲食業界の数字に長けている方は損益計算書を一目見ただけで、その飲食店の成績上からくる問題点をすぐに指摘して指導できます。

 

立地や客単価から見て客席の回転率が低い問題の原因が何処にあるのか、料理の原価率から見て食材の選び方やメニューの作り方まで指導できます。

 

http://r.gnavi.co.jp/f389401/

 

同じ原価率をかけるのでも料理の味のアクセントや食材の生かし方から器の使い方と盛り付けなどでの魅力づくりなども重要なポイントになります。

 

 

 

また、資金繰り上で苦しんでいる場合の資金上の改善策についても公的な金利の低い融資や雇用助成金の導入なども駆使して資金管理の指導もできます。

 

その様な指導が本当にできる人は少ないですが自分自身で数多くの経営をしてきたり飲食店の経営指導を実体験でしてきた方もいます。

 

自分の狭い視野だけで経営していますと気が付かない内に取り返しのつかないことになる恐れがあります。