飲食店の経営の基本

飲食店の経営の基本

飲食店を経営したいと思う方が多くいますが、初めに知っておいて貰いたいこととして現在の日本の飲食業の現状は飲食店の店舗数が多くなりすぎていて厳しい経営環境に有るということです。
飲食業は外から見ると楽しそうで儲かる仕事のように感じるかもしれませんが、実際には経営困難で廃業する店が多くなっているのが実際のところです。

 

立川 居酒屋なら串揚げ えん

 

一見して店舗数が多い大手の居酒屋チェーンやファミリーレストランでも実情は苦戦していてフランチャイズなどの手法で店舗数を増やして行かないとやっていけないものが多いのです。
また個人で経営しているような飲食店でも値引き競争が激しくて相当繁盛しているように見えても実際の損益がギリギリで回しているところが多いのです。

 

 

 

このように厳しい現実ですので成績の数値には常に敏感に見張っていて回転率や稼働率、原価率、人件費率などに問題が有るとしたらすぐにでも改善しませんと直ぐに赤字体質になります。
その様な数字の管理が大切なのは当然ですが、本当に大切なのは周辺の飲食店と比べて負けない商品価値が有るのか、価格の点でも高くなっていないかなどが根本の問題として重要です。

 

http://r.gnavi.co.jp/m5yth3z70000

 

料理の内容は勿論ですが店内の汚れがないか、サービス面でも他店に負けていないか客観的に見ている必要があります。
その上で数値に対しても敏感に観察して目標数値に対して皆で努力することが経営の基本になります。
成績評価という数値は大海原を航海する船の羅針盤ですから目的地に到着するためには欠かせませんが、根本には船長を中心に船を操縦する船員たちの実際の行動にかかっている事は言うまでもありません。