ランチタイムの回転率

ランチタイムの回転率

デフレ型の不景気の時代を反映して、客単価を低めに押さえて客数をあげようとする飲食店が増えております。

 

特にランチタイムは仕事の合間の短い時間に殺到するお客さまの回転効率を上げるための工夫が重要になっています。

 

https://r.gnavi.co.jp/a058411/

 

ランチでの回転率を上げるには料理がいかに早く出て行くかが重要なポイントになります。

 

ランチのお客さまは時間に追われていますので食べ終えるとすぐに出て行きますので早く料理を出すことが大切です。

 

そのためにメニューの品数を少なくして調理部門で仕込みを午前中に終わらせて於いてすぐに出せる体制にしています。

 

また、回転率を上げるためにランチタイムにはコーヒーなどは出さないようにしているところもあります。

 

コーヒーは金額的に高くもらえないこととコーヒーを飲みながら時間が)な額なることがあるからです。

 

 

 

また、通常のランチタイムは正午から13時がピーク時間ですので、ランチタイムの時間をずらして来てくれるお客さまには割引券などを発行しているところおあります。

 

例えば11:30分に来てくれた場合には10%引きにしたり、13:30分以後に来てくれればコーヒーサービスをするなどの工夫をしている店も増えてきています。

 

 

 

このように客単価を下げて回転率で稼ぐことは大変ではありますが、消費者であるビジネス客から見れば少しでも安くなることは助かります。

 

世の中の景気が悪い時には軽費の削減を含めて回転率を上げる工夫などに力が入りますので経営側の体質改善にもつながっていますので悪いことばかりでも無いようです。