居酒屋経営の絶対条件は立地と店舗面積

居酒屋経営の絶対条件は立地と店舗面積

居酒屋の経営について最も重要なポイントは立地条件と店舗の面積になります。

 

飲食店の経営についてインテリアや料理と酒、サービスと言ったソフト面を視するコンサルタントなどの指導者がおりますが、それは店舗の種類と立地条件やオーナーのポリシーによって違っています。

 

花凛-karin-

 

オーナーが目指す店舗形態が高級な飲食店で個性的な物を目指しているのでしたら、駅前や人通りの多い立地である必要が有りませんが、居酒屋と限定するのであれば何と言っても駅に近くえ会社なども周辺に多い地域がベストになります。

 

閑静な住宅地に近い立地や郊外のロードサイドなどの立地では居酒屋経営を如何に料理やサービスに力を入れても難しくなります。

 

できれば主要な鉄道の駅に近い場所で経営することが居酒屋経営を成功させる第一番の重要なポイントになります。

 

 

 

つぎに、重要なのは立地条件に応じた適正な面積であることが経営効率を左右します。

 

周辺に企業も少ない駅での居酒屋は面積が大きすぎて客席数が多きすぎますと負担する家賃も雇用する人件費の麺からも効率が悪くなります。

 

居酒屋経営の客単価は多少の違いがあっても基本的には決まってきますので、店舗面積と客席数が立地条件に合った適正な規模でないと効率が悪くて利益の確保は出来ません。

 

立地条件が間違っていなくて店舗面積も適正であって、初めて提供する料理やサービスが生きてくるのです。

 

イタリアンバル NUOVO 新宿東口店

 

料理とドリンク、雰囲気、サービスは立地と店舗面積が間違っていない状態の時に、周辺の飲食店との差別化という意味では重要ですが根本が間違っていますと成功は望めません。