居酒屋の特徴と客単価について

居酒屋の特徴と客単価について

平成不況の中で高級料亭を中心とする高単価の飲食店が企業の交際費の削減のために苦戦を強いられておりますが、反対に低単価で飲食できる居酒屋の看板をよく目にするようになっています。

 

高額な飲食店は時代に合わないということで高級店から一転して大衆を取り込もうと居酒屋経営に乗り出している企業が出て来ています。

 

 

 

同じ飲食店でも高級料亭や高級フレンチと居酒屋の経営では似て非なるところがありますので、今まで高級店を経営していても金額を下げただけでは上手くいきません。

 

居酒屋経営にはそれなりのポイントを認識していませんと失敗に終わります。

 

また、昔からの居酒屋は和食を中心にしてアルコール類を売るための飲食店でしたが、現在の居酒屋はジャンルに拘らないでお和食からイタリアン、中華、韓国料理・・などあらゆる国の料理も導入しています。

 

浜松の居酒屋選びは個室を重視しましょう

 

また、魚貝類のお造りがメイン商品ですがモツ鍋から焼き鳥、おでん・・などと様々なメニューバラエティーが揃っています。

 

しかし、居酒屋の本質は仲間たちと誘い合って焼酎から日本酒、ウイスキー、ビール、ワインと種類豊富なアルコール類を楽しむコミュニケーションの場所でもあります。

 

ですから居酒屋経営には酒類の品揃えは重要で料理メニューは酒を飲むためのオツマミと考えられます。

 

 

 

価格につきましては基本的には酒を飲んで料理を食べて全て含めて1客単価が3000円〜4500円ぐらいが中心になりますが、場所と内容によって5000円を超えるところもあります。

 

居酒屋でも企業関係の社用で利用するばあいには会社が支払いますので、7000円ぐらいまでは可能性もありますが、一般的には価格には非常にいんかんですので、経営努力でできる限り低価格路線を維持すべきと考ええます。