飲食店経営の理想と現実

飲食店経営の理想と現実

飲食店の経営は誰でも一度はオーナーになって自分が理想とする店を経営してみたいと考える職業かも知れません。

 

人は誰でも自分なりの味覚や美的な感性を持っていますので自分とって理想的な飲食店のオーナーになりたいと思います。

 

新宿 居酒屋でお探しなら茜屋が良いです

 

飲食店のオーナーシェフとして成功している方を見ますと、必ず高校卒の年齢から調理師学校に入って勉強した後に実際のレストランや居酒屋、料亭などに入れてもらって厳しい指導のもとに長い年月を過ごします。

 

高級な日本料理の調理師として一人前になるには、少なくとも7年から10年の年月は下積み生活を送ります。

 

渋谷のおしゃれな個室付きイタリアンのお店

 

朝早くから深夜に至るまで1時間ぐらいの休憩時間以外は厨房の清掃から始まって食器洗い、包丁研ぎ、仕込みなどの仕事を毎日繰り返します。

 

毎日、長時間立ったままで狭い厨房の中で仕事をするのですから相当な忍耐力を必要とします。

 

このような厳しい修行を10年ほどしてから、どこか別の飲食店の調理長か2番として3年から5年ほど働いて親方としての勉強をします。

 

この期間に少しづつ料理作り以外のサービスや経営に必要な勉強もさせてもらいます。

 

こうしている間に将来の自分の進路を「独立してオーナーシェフになるか」または「更に上のクラスの飲食店の調理長になれるか」・・中には「海外に行って働きたい」・・などを考えます。

 

本陣は梅田 居酒屋で人気のお店です。

 

このように厳しい勉強期間をして独立しても成功できる人は全体の1割にも満たない世界ですから難しいのです。

 

飲食店経営で一番大切なことは修行期間中に「忍耐力を身につける」ことになるのかも知れません。