理想だけでは難しい飲食店経営

理想だけでは難しい飲食店経営

飲食店の経験がない方にとっては、日頃から客の立場で色々なタイプの飲食店にゆきますので「自分ならもっと美味くて内容の良い仕事が出来そう!」・・と感じているかも知れません。

 

自分が客の立場ですから利用者の立場で飲食店経営を見れることに慣れていますし、結構適切な意見を持っていると思います。

 

五反田の居酒屋は個室から選ぼう!

 

中には趣味で家庭での料理作りやワインや酒類についてプロお顔負けの知識をお持ちの方も数多くいます。

 

このような方にとっては自分にもチャンスがあったら飲食店経営は既存の飲食店経営者よりも良い物をつくれると感じているかもしれません。

 

実際に、その様な理想を持った素人の方が脱サラで飲食店オーナーになって入り事もあります。

 

しかし、それらの多くを拝見しますと初めのうちは理想に燃えていても飲食店が自分の毎日の仕事になりますと、理想的に夢に描いていたことから現実がかけ離れていて次第に悩むようになって嫌気が差して撤退してしまうケースがほとんどです。

 

川崎駅から徒歩5分で着く居酒屋

 

自分が飲食店の利用者で有った時に描いていた献立を現実に移そうと雇入れた調理師に料理することを依頼しても、実際に料理を作る段になりますと食材の原価率が高くなって理想通りには行かないことが判ります。

 

それではと食材を安いものに落とせば理想とは程遠い料理が出来上がってきます。

 

個室居酒屋 美味門 -UMAIMON- 八重洲店

 

ワインでも酒類でも趣味で高い銘柄を飲んで楽しんでいたのと同じようにしようと思いますと、やはり飲料の原価率の壁にぶつかります。

 

また、お客として利用する立場では楽しかった飲食店も、自分の仕事として毎日出勤しますとつらいものに変わってきます。

 

ですから飲食店経営で最も重要な事は現実の厳しさを知っていることが重要なのです。