不況時代の居酒屋経営について

不況時代の居酒屋経営について

平成不況が長く続いた最近までは古くからの接待向きの高級料亭やフランス料理などの飲食店は、企業接待が少なくなったために経営的に苦戦を強いられて来ました。

 

一方で高級店を利用していた会社関係の接待は予算を落として居酒屋などの低料金で使える店に流れて行きました。

 

蔵之助‐kuranosuke‐ 豊橋店

 

居酒屋では、このような時代の流れを受けて少予算でも接待に使える客層の開拓に懸命に努力してきました。

 

キレイにしたり個室を増やしたりの店内の改装を始め、接待客にも使えるようなメニューの開発と食器やグラステーブル・家具なども入れ替えたりして受け入れ体制を作ってきました。

 

本来の銀座や赤坂、新橋などの超高級料亭までは行かなくとも予算の割りには高級に見えるように工夫することで企業関係の接待需要を引き入れることで今までにはなかった新しい顧客の獲得が可能になったのです。

 

http://r.gnavi.co.jp/a058455/

 

企業側にとっては接待予算を圧縮できるメリットが有りますし、居酒屋にとっては通常の一般客よりも高単価の客層を獲得出来ますので双方にとってメリットがあるのです。

 

招待される側にとっても不景気で皆が大変な時代に高級料亭や高級フランス料理店などに招待されるのは世間に対しても体裁が悪くあります。

 

赤坂の個室居酒屋

 

飲食店の経営には上記のような時代に対する適応性が重要になりますので、時代の中で企業や一般の方々が飲食店に求めている内容を常に客観的に感じて早めの対策を打つ必要があるのです。

 

時代に応じた顧客層の取り込みを敏感に感じて実行することが不況を乗り切る秘策です。