クーポンは「現物指向」ではじめて生きるA

クーポンは「現物指向」ではじめて生きるA

前項に引き続いて考察していきましょう。

 

 

 

居酒屋のように、物欲を満たしてこそ初めてお客さんが喜んでくれるマーケットでは、クーポンをはじめとしたサービスも、現物指向を徹底することをおすすめします。

 

http://kitaichi-sakaba-umeda.com/

 

もちろん、私の行きつけの居酒屋さんのように「○%割引」という使い方もアリでしょうし、「団体割引」の形だってアリでしょう。
しかし、おそらくそのどれをとってみても、お客さんの得る満足感は、私がそうであるように、もっと本質的な部分に集約されてしまうのです。
だからこそ、「クーポンを使ったらこんなにお得なんだ!」という実感を得てもらうための「現物指向」が有効になると考えられるのです。

 

 

 

そこで、まあたいてい居酒屋の現物となると、「食べ物」と「飲み物」に限られることになると思いますが、果たして、このどちらがより有効であるのかということについても考えていきます。

 

 

 

結論から行ってしまえば、「飲み物」をクーポンの利用対象とすることをおすすめします。
もちろん「食べ物」に利用したところで全然悪くはないのですが、しかしクーポンの利用によって料理の回転率があまりにも高くなってしまうと、今度は手間が大きくかかってしまうリスクをともなうからです。

 

お店ってどこがいいか迷いますよね。赤坂 居酒屋は何を食べても美味しいのでうれしいです。

 

料理が遅れてしまうことで、お客さんに与えるプラスのイメージはありませn。
「クーポン」という「サービスの一環」がリスクを生むことは、できる限り避けたほうがよいと考えられます。
ですから、クーポンの利用は「飲み物(お酒類)」という「現物」にこだわるのがひとつの大きなポイントになるのかな、という考え方は成り立つのです。