職人さんの腕の見せどころ

職人さんの腕の見せどころ

原油高に電気料金アップなど、とくに居酒屋をはじめとしたフード関連のお店にとっては死活問題ともなりかねない流れが、ここにきて急速に加速しています。

 

 

 

そんなとき、非常に重要なひとつの事実があります。
それは、「いくら頭をひねってもどうにもならないことである」ということです。

 

横浜周辺の魅力的な個室のお店はコチラ

 

どんなに妙案を見つけようと寝ずに考え、議論を重ねたところで、公共料金の引き下げを一居酒屋ごときがどうにかできるはずはありません。
ですから、これについては「何も考えない」ことが一番です。
これは精神衛生面での危機管理であるとも言えます。
どうにもならないことに神経を使うことほどアホらしいことはないのです。

 

しかし、対策は講じなければなりません。

 

 

 

何も考えず、かといって策も講じなければ、いずれ野垂れ死にしてしまいます。
そこで、どうしても燃料高対策にひと肌脱いでもらわなければならないのが、「調理スタッフ」ということになります。
さすがに電気を使わないわけにはいきませんから、ガスの使用に関して、できるだけ使わないですむ料理を作ってもらうというのが、やや乱暴ながら、手っとり早い作戦であることも間違いありません。

 

浜松駅で周辺で評判の居酒屋は個室選びが重要です。

 

で、このときに、もし燃料高騰の苦悩を表情に出しながら職人さんに相談しても、そんこたぁこっちの知ったこっちゃねぇよ!ということになってしまいますから、職人さんの腕を見込んでのお願いなのですが・・・という具合に切り出してみると、これは職人さんとしても「職人冥利に尽きる」と思って、一生懸命「職人さんが」考えてくれるのです。
ちょっとズルい作戦かもしれませんが、背に腹は代えられません。