クーポンをどう設定するか

クーポンをどう設定するか

居酒屋でもクーポンを積極的に活用したほうがよいことはどうやら間違いありませんが、しかし、どのメニューをクーポンの適用対象とするかによって、クーポンの利用効果、効率が大きく変わってしまいます。
たとえば、ビールにクーポンを活用するという考え方には賛同できかねる部分があります。
というのも、ビールの場合、多くは「必ず飲む」メニューです。

 

錦のお得な居酒屋

 

居酒屋で回転率がもっとも高いのがビールであり、また、ビールは価格設定を他店と競う形はできるだけ避けなければならない事情があるのです。
というのも、ビールの場合、どうしても付加価値がつけにくいという側面があるからです。
ビールに付加価値をつけてしまうと、価格競争で他店にアドバンテージを与えてしまうことになるからです。

 

 

 

その意味では、ビールのように誰もが最初に飲むお酒ではなく、お店のオススメ的なお酒にクーポンを利用するのが無難な方法であるという気がします。
ビールを最初に飲んで、次にどれを飲もうかという段階になって、クーポン適用のお酒に目がいけば、お客さんに「オススメ」をアピールするチャンスがそれだけ増加するということになります。

 

渋谷でチーズフォンデュ♪

 

オススメ品がおいしいことで、その店の印象度はグッと強くなります。
印象度が高ければ、それだけ評判も上昇する可能性が高くなり、いろいろな角度から見て好転するチャンスになります。
「たかだかクーポン」ではなく、居酒屋にとってクーポンは「救世主」となるかもしれないし、「起爆剤」ともなるかもしれないのです。

 

 

 

居酒屋を繁盛させるために、ぐるなびを更新しましょう