コンサルタントによる経営指導

コンサルタントによる経営指導

景気が悪くなると飲食店の経営者達は自分の店の成績を上げなければ赤字になって資金繰りに苦しむことになります。

 

日本の飲食店の実体を冷静に見ますと全体に供給過剰になっていますので経営に苦しんで知る店が多いのが実情です。

 

景気の問題だけでなく多すぎる飲食店ですからどこも厳しい仕事ですが、実体的には利益をしっかり確保できている飲食店は3%も無いと言われています。

 

また残りの97%の内大部分がぎりぎりの経営状態でかなりの率で売却したいか何時まで資金が持つかで苦しいのが現在の飲食業の実体です。

 

 

 

その様な中で今まで飲食業の責任者等を経験していた人の中で自分の経験を活かしてコンサルタントとして飲食店の経営に苦しむオーナーのためにアドバスしている人達がいます。

 

コンサルティングと称して指導料をもらう仕事ですから業界の数値や情報などを用いて飲食店オーナーの再教育をします。

 

銀座で和食ランチにオススメのお店

 

飲食店のオーナーには色々なタイプが有りますが、長年に渡って調理師として頑張ってきてから独立した方や、全く素人だが飲食業に憧れが有って調理師やマネージャーを雇用してオーナーとして経営に参加している人があります。

 

上記のどちらのタイプの人も飲食店の経営の本当の意味の体験が不足している場合が多いのです。

 

https://r.gnavi.co.jp/f389405/

 

調理人として来た人は職人として厨房の中での仕事しか知りませんので販売促進や集客の方法などには素人の場合が多いのです。

 

ですから、飲食店の集客法に長けていて魅力づくりのポイントを分かっている方やサービスなどの適切な指導が出来るコンサルタントの意見は重要でもあります。

 

飲食店の成績の数字的な分析も用いて回転率や原価率、人件費率などが適正であるかなどもプロの指導者のアドバイスで経営状態が大きく改善する可能性があります。