居酒屋を成功させるには

居酒屋を成功させるには記事一覧

スタート直後の注意点@

居酒屋をスタートさせてから気をつけなければならないことというのがいくつかありますが、今回はその中でも特に重要な部分について触れましょう。おそらく、開店して間もなくは、どんなお店ができたのかという興味、あるいは、開店時のイベントなどで何らかのサービスを受けたいと考えて来店する人もいるでしょう。おそらく...

≫続きを読む

 

スタート直後の注意点A

スタート時の好調から、少し客足が遠のいたように感じられれば誰でも不安に思うかもしれませんが、それは「スタート時が好調すぎた」だけのことであり、このタイミングで遠ざかったお客さんを無理に取り戻そうと考えなくてもよい、という認識がまずは重要になります。もちろん、そうしたお客さんが戻ってきてくれればそれに...

≫続きを読む

 

クーポンをどう設定するか

居酒屋でもクーポンを積極的に活用したほうがよいことはどうやら間違いありませんが、しかし、どのメニューをクーポンの適用対象とするかによって、クーポンの利用効果、効率が大きく変わってしまいます。たとえば、ビールにクーポンを活用するという考え方には賛同できかねる部分があります。というのも、ビールの場合、多...

≫続きを読む

 

お客さんあっての「居酒屋」

これまでいろいろな角度から「居酒屋を成功させるために」というテーマで述べてきましたが、正直な話、これは居酒屋に限らずどんな分野でもそうだと思うのですが、「成功のためのノウハウ」なんてないんだと思います。もちろん居酒屋というのは、論理的に取捨選択する必要が生じる分野ではありますが、そういった論理性とい...

≫続きを読む

 

番外編1〜居酒屋人気メニュー

メニューはそれほど多くする必要はないというようなことを書きましたが、しかしやはり、居酒屋の場合「定番メニュー」はそう簡単にオミットするわけにはいかないでしょう。ということで、どんな居酒屋メニューがあるのかということについても、ここは少し触れておきましょうか。特に、和風居酒屋の場合は、やはり「お酒に合...

≫続きを読む

 

番外編2〜へぇ〜・・・な居酒屋

居酒屋とひと口に言っても、実にいろいろなタイプの居酒屋が世の中にはあります。中でも、「へぇ〜・・・」と、思わず感心してしまったり、おもしろいなぁと思えるような居酒屋も、こうした閉塞感が強いご時世では、実は非常に貴重な存在だったりします。そういった「おもしろオカシイ居酒屋」をちょっとここでご紹介してみ...

≫続きを読む

 

女性に人気が出るための工夫

前の項では、女性のお客さんを増やすことで、その後の繁盛に波及効果が表れますよ、というテーマでお話ししましたが、今度は、その具体的な策案についてです。女性のお客さんが喜ぶためには、もちろん衛生管理の徹底というのは居酒屋を経営する上では当たり前のことですが、そうした衛生管理とはまた別に、ちょっとした小ギ...

≫続きを読む

 

回転率は参考までの指標

飲食店の繁盛度合いを表す指標として回転率という指標を使いますが、この指標には過去の業態別のおおまかな指標ぐらいにしか意味が無いものになっています。例えば駅前などの人の多い意味では好立地の立地では少しでも数多くの客数をこなせる喫茶店やファストフード店が立地条件を活かせる業態になります。このような業態で...

≫続きを読む

 

気持ちで勝負は決まる

「商売」とは「しょうばい」つまり、「勝敗」であるという話をどこかできいたことがありますが、その意味しているところはいったい何なのかについて、ちょっと考えてみました。居酒屋などは、まさに「商売」の基本中の基本という印象もありますが、ということは、もしその印象が正しいと仮定すれば、そして、先の言いまわし...

≫続きを読む

 

クーポンは「現物指向」ではじめて生きる@

もちろんクーポンの利用に際し、先に触れたような「オススメメニュー」に絞る必要はありません。しかしだからと言って、どんな形でクーポンを利用しても同じ結果になるということではありません。たとえば、私がよくお世話になっている居酒屋さんでも、クーポンを適用してもらって多少安く利用できるようにはなっていますが...

≫続きを読む

 

クーポンは「現物指向」ではじめて生きるA

前項に引き続いて考察していきましょう。居酒屋のように、物欲を満たしてこそ初めてお客さんが喜んでくれるマーケットでは、クーポンをはじめとしたサービスも、現物指向を徹底することをおすすめします。もちろん、私の行きつけの居酒屋さんのように「○%割引」という使い方もアリでしょうし、「団体割引」の形だってアリ...

≫続きを読む

 

女性に人気な居酒屋

女性がお酒を楽しく飲める今の時代ですから、従来のように男性のお客さんをターゲットにした居酒屋だけではなく、女性のお客さんをターゲットにするという狙いは十分に成り立ちます。いや、もちろん居酒屋に男も女もないというのはごもっともな意見ではあります。どちらに喜んでいただいてもかまいませんし、というよりはむ...

≫続きを読む

 

飲食店の回転率とは

新しい飲食店を計画する時にどの程度の売上成績を予想する必要がありますが、成績を予想するために飲食店の立地や狙いの客単価などから判断して一日の回転率を予測して計算をします。売上の予想に対する一種の計算のための指標として「回転率」を使います。昔から飲食店が用いてきた業界の指標になりますが、この回転率には...

≫続きを読む

 

メニューは最小限に!

多くのお客さんに来ていただきたい、たくさんのお客さんに満足して、喜んで帰ってもらいたいと考えるのが居酒屋経営者の共通の願いであると思いますが、そのためにメニューをどう工夫するのか、ここが大きな勝負の分かれ目になります。できるだけたくさんのお客さんに満足してもらいたいから、たくさんのメニューを用意する...

≫続きを読む

 

職人さんの腕の見せどころ

原油高に電気料金アップなど、とくに居酒屋をはじめとしたフード関連のお店にとっては死活問題ともなりかねない流れが、ここにきて急速に加速しています。そんなとき、非常に重要なひとつの事実があります。それは、「いくら頭をひねってもどうにもならないことである」ということです。どんなに妙案を見つけようと寝ずに考...

≫続きを読む

 

時間制導入で回転率をあげる。

長引く日本経済の景気の悪さに加えてデフレ型経済になって来ましたので消費者の財布の紐は固くなっています。このような時期にはあらゆるものが値下げ競争になって来ますので、その分はカズを多く売らなくては赤字になってしまいます。景気が良かった時代には宝飾品でも衣料品でも高いものが飛ぶように売れたものでした。飲...

≫続きを読む

 

ランチタイムの回転率

デフレ型の不景気の時代を反映して、客単価を低めに押さえて客数をあげようとする飲食店が増えております。特にランチタイムは仕事の合間の短い時間に殺到するお客さまの回転効率を上げるための工夫が重要になっています。ランチでの回転率を上げるには料理がいかに早く出て行くかが重要なポイントになります。ランチのお客...

≫続きを読む

 

これからの指標のあり方

飲食店という定義を何処まで広げるかで回転率の計算にもおおきく違って来ます。ファストフード店でも店内にイス・テーブルが有ってイートインの客数を見込めるものは飲食店の範疇に入るかもしれませんが、ホットドッグやフライドチキンなどの店ではイートインのスペースはなく全てがテイクアウトの店は飲食店というよりはコ...

≫続きを読む

 

コンサルタントによる経営指導

景気が悪くなると飲食店の経営者達は自分の店の成績を上げなければ赤字になって資金繰りに苦しむことになります。日本の飲食店の実体を冷静に見ますと全体に供給過剰になっていますので経営に苦しんで知る店が多いのが実情です。景気の問題だけでなく多すぎる飲食店ですからどこも厳しい仕事ですが、実体的には利益をしっか...

≫続きを読む