居酒屋を成功させるためのノウハウ

「おもてなしの心」からはじめる

居酒屋をスタートさせる上で、もちろん「売上」が重要になってくるのは言うまでもありません。
もちろんそれは何も居酒屋に限ったものではありません。
ただ、居酒屋の場合、一生懸命料理を作って一生懸命お酒を運んで一生懸命宣伝していれば、それでお客さんに足を運んでもらえるというものでもありません。

 

宣伝することは、商売のもっとも重要な部分です。
宣伝も当然しなければなりません。
居酒屋の命とも言えるのが料理、料理の味に自信がなくて居酒屋を経営する人なんていません。
お酒だってそうです。

 

みなどれも必要不可欠であり、どのひとつが少しでも低いレベルになってしまうと、居酒屋という「家」はあっという間に崩れ去ってしまいます。
そういったことはもちろん重要なのですが、そうした必要不可欠なものやことを「義務」として実践するのではなく、ごく自然に実践できるようにする環境が重要なのです。

 

その環境を根本的に作り出すのが、経営陣、現場スタッフすべてに共通の認識でなければならない「おもてなしの心」です。
どこの居酒屋でも、正直言ってそれほど大差はありません。
しかし、ほんの少し何かが違うだけで、売上は大きく違ってきます。

 

「おもてなしの心」が場の雰囲気を良くしてくれるため、お客さんにとって入りやすい空間が自然とできてくるのです。
そういうスタンスのお店であれば、「ほんの小さな誤差」は生じにくいのです。
それは「一体感」と表現できるかもしれませんし、あるいは「熱意」とか「意欲」という形で表れるかもしれませんが、元をただせばすべて「おもてなしの心」が礎になっているはずです。

 

定番でも「クーポン」は積極活用すべき

最近では、ちょっとお店に立ちよれば、すぐに「ポイントカード」を作ってくれるし、インターネットのショッピングサイトを覗いてみても、そこらじゅうで目にするのが「クーポン」のことば・・・ですから、最近の人は何かを買うたびに「ポイント」が付与される、あるいは買う前に「クーポン」で割引してもらえることが当たり前という状況になってきています。

 

ですから、どんなお店であっても、やはりポイントやクーポンなどの特典が、商品の付加価値にならないような、自然な形のサービス提供としてカスタマーに受け入れられることは、現代のマーケットには非常に重要なのだという認識が強まります

たとえば、「居酒屋」という特殊なスタイルのマーケットでも、やはりクーポンのような定番のサービスは現在では当たり前になってきつつあります。
チェーンであればもちろんですが、大衆酒場のような、オジサンやオバサンが好みそうな「ちょっとした居酒屋」であっても、クーポンで割引してもらっているお客さんは少なくありません。

 

もちろん味や料金設定をはじめとする物理的なサービスもそうですが、もらってちょっとうれしいサービスという意味では、定番ではあってもやはり「クーポン」は積極的に活用することが望まれます。

 

もちろんそこには当然ダイレクトな「顧客の獲得(言いかえれば、『客引き』)」につながりますし、それ以上に重要なことは、そうしたちょっとした「おもてなし」の心遣いが、この国では時を問わずに高い支持を受けることになるからです。